All Posts

消費者金融のキャッシング遅延、取り立ては規制されている

返済が遅れるようなことがあってはなりませんが、しかしもしかすればということはあります。
借り入れ金額が大きくなり返済期間が長くなれば何年も毎月の返済を確実に遂行できるかといえば難しくなることもあるかもしれません。
返済期間の長さに応じてその危険性は多くなってくることになるでしょう。
人が先を見通せる期間として長くて半年と言われています。
とくに現代のようにリストラやボーナスカットなどをよく聞く中でもしかすれば半年先でも見通しがつかないこともあるかもしれません。
返済期間が長引けばそれだけ先はどうなるのか、返済はどうなるのかわからなくなるものです。
当然返済ができる範囲を借り入れの上限としなくてはなりません。
総量規制で決められた上限がそのまま返済ができる金額ではないからです。
もしも、消費者金融のお金借りれるキャッシングを遅延した時にはどうなるのでしょうか。
取り立てに関するルールが金融庁から定められているガイドラインで決められています。
強引な取り立てはもちろんのこと、正当な理由なく勤務先に電話をすることは禁じられていますし、借金の督促だったとしても電話による取り立ては一日の回数や時間も決められています。
恐れおののくような怒声で取り立てが行われることは正規の消費者金融ではありえません。
ただ、それに甘えることもできません。
返済が遅れるとそれは個人信用情報機関に掲載される履歴となり今後の借り入れはできなくなります。

カードローン「総量規制」

キャッシング会社のカードローンには「総量規制」という名前の法律が関わってきます。
総量規制とは、個人とキャッシング会社間での契約において、「年収の3分の1を超える融資を禁止」とする法律です。
ですから、たとえカードローン即日借りたいキャッシング会社の提示している融資上限金額が500万円だったとしても、利用者の年収が1、500万円を超えていなければ、融資上限金額での契約は法律的に認められません。
この法律を知らないばかりに申し込みの際の融資希望額に年収の3分の1を超える金額を入力してしまい、審査に落ちてしまうといった方もいらっしゃいますので、お気をつけください。
しかし、総量規制には総量規制例外貸付というものがあります。
まず、そもそも総量規制が適用されないのは、銀行のカードローンです。銀行は貸金業者とは見なされないため、貸金業法が適用されないので、総量規制とは関係なくキャッシングを利用することができます。
次に、個人事業主(自営業者)に対する貸付の場合です。
個人事業主は多くの場合、税金対策として、収入を少なめに見積もって申告することも多いため、総量規制が適用されてしまうと、全くキャッシングを利用することができなくなってしまったために法律が改正されました。
個人事業主がカードローンを利用する際には、別途事業計画や収支計画といった書類を提出しなければいけませんが、それらによって十分に返済見込みがあることを証明することができますと、総量規制の例外と見なされます。

今すぐキャッシング問題を解決しよう

もし、借り入れをさまざまな状況を考えても難しい時には今すぐお金を借りる問題を解決するための策を考えなくてはなりません。
ご存知の通りお金に関するトラブルは簡単に解決できるものではありません。
たった10万円を借り入れたつもりが何年もたった今でも返済を続けておりその元金は変化していないということはあります。
そこには返済だけではなく借入も同時にしているということは考えられるでしょう。
お金を借りることによって人生の大きな時間がその返済に関わることになり思うような人生設計ではなくなってしまった、そんなことはありえないことはありません。
消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンによるトラブルはなくなることはありません。
弁護士業界でもそれが一つのビジネスとなるほどにキャッシングのトラブル人口は多いものです。
しかし同じようにキャッシングをしてもトラブルに発展する方もいれば、なんなく完済ができる方もいます。
その違いがどこにあるのか、もしかすればお金に関する価値観の違いかもしれませんし、深く掘り下げてしまえば幼いころからの金銭感覚の違いであることもあるかもしれません。
今起こっている状況を過去のせいにすることができません。
過去を悔やんだところで現在が好転するわけではないのです。
今の状況を見直し、これから先を変えていくしかありません。
返済の状況を見直してもそれが難しい時には救済措置を考える必要性が出てくるかもしれません。

口コミを見るとローンカードのキャッシングは返すことも考えたい

ローンカードは借りることだけではなく返すことも考えなくてはなりません。
インターネット上にある多くの口コミを見てみるとやはり返済に困窮している方は多く、それだけではなく面倒を感じている方も少なくはありません。
借りることは簡単、返すことは面倒ということでしょう。
借りるという目的を達成してしまえば後は面倒になってしまう、それはよくわかります。
返す方法にはどんなものがあるのか考えておきましょう。
自分にとって返済が面倒には感じられない方法、なおかつ理由づけをさせない返済方法があることもよいでしょう。
例えば口座引き落としは便利になります。
最低返済額が引き落としになることが一般的であり計画性のある返済とはいえないとよく言われる方法ではありますが、口座引き落としのほかに余裕があるときには提携ATMからの返済も追加するなどの併用をすることによって無計画な返済ではなくなるでしょう。
また返済方法はその消費者金融や銀行によってもはっきりとした違いがあるものです。
提携ATMはどこでも用意されているものであり、コンビニにあるATMは使われていることが多くなっていますが、利用手数料がかかります。
1万円以下の取り扱いでは105円の手数料、1万円超の取り扱いでは210円の手数料でありそれは借り入れでも返済でも同じことです。
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックのように提携ATM利用手数料無料としているところもありますので気になるところです。